So-net無料ブログ作成

CM [植物系]

1989年、ほふく性ペチュニア「サフィニア」の上市で
当時園芸部門で無名だったサントリーがブレイク、
今に至るガーデニングブームのきっかけとなった。

誰も知らないがペチュニアの和名はつくばねあさがお、
そのアサガオは花色模様だけでなく、
花型葉形に多種多彩なバリエーションがあり、
江戸〜明治は夏期花卉園芸の中心だった。

しかしどんだけ丹精込めても午前中早々に花が萎れ、
わびさび的、潔い、儚さがプレミアにならなくなった今や、
すっかり過去のものになった。

けれど日本アサガオとマルバアサガオとの種間交配により、
午後まで萎れない曜白アサガオが育成されており、
その性質をすれば遺伝資源として眠っている、
日本アサガオの多彩なバリエーションを再び
市中に解き放てるんじゃね?とσ(・_・)は思った。
すなわちサフィニアの特性を持たせた日本アサガオの育成。

花色にしてもサフィニア群は欧米に好かれるタイプで、
和風ではない。
江戸期に流行った色合い、
浴衣とか風呂敷に使われる和の色合いがアサガオにはある。

ということを思い立ったが吉日から10年くらい経ち、
アサガオくんはアサガオさんになった。
緋星.jpg
涼縞.jpg
桜縞.jpg

Yahoo!ショップで売り出したので、
是非お買い求めください。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/asagao-hiyori/

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。