So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース・トピックス ブログトップ
前の10件 | -

【捏造】納豆ダイエット【散々】 [ニュース・トピックス]

新年早々のあるある大辞典が、
捏造だったと知ってオドロキ。

納豆朝夕に食べていたが、
体重はむしろ増えたので、
ダメダメだなーと思っていたところである。

冷蔵庫には、納豆の備蓄が数個残っている...。


nice!(5)  コメント(9) 

祈らないで?@ニュース・トピックス [ニュース・トピックス]

第三者が患者の回復を祈ると、
何らかの効果があるだろうか?

続きを読む


nice!(1)  コメント(3) 

脳と疲労回復@前頭眼窩野 [ニュース・トピックス]

疲労と脳」について
2006.3.19
○るあ○大辞典

疲労回復のカギは身体にではなく脳にある
運動後、休憩時に脳の活性度を調査
脳の血流をモニター

すると「疲れの取れた人」と「取れなかった人」では、脳の「前頭眼窩野(ぜんとうがんかや)」の血流に差あり。
前者で多く、

後者で少ない

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 

ローズマリーで脳活性化? [ニュース・トピックス]


薬用ハーブで脳活性化、ローズマリーの成分解明:
長瀬産業は、ローズマリーの成分が
脳内ストレスの低下や記憶力増強に
作用することを突き止めた。

同成分を製薬などに応用すれば、
神経突起の伸長を促し、
脳機能・記憶力の維持のほか、
脳の老化・認知症といった脳疾患の予防に役立つという。
これを機に、アンチエイジング素材としての
ローズマリーの有効性をさらに探る方針。

@@@@@

京都大学と共同研究を行った結果、ローズマリーの成分、
カルノシン酸に神経突起の伸長や記憶力増強の働きがあることを解明。
ローズマリーは薬用ハーブで、
もともと皮膚老化予防などの効果があることが知られている。(日経産業新聞)

カルノシン酸(carnosic acid)
フェノール系ジテルペン化合物。
抗酸化力が知られていた。
ローズマリーの他に、セージにも含有される。

構造式をヒットさせ、
お絵かきしたので、尺合わせて貼り付け。会社のこのPCにフォトショが入っていないので、家からiBookを持ってきて画像処理。水酸基やカルボキシル基を持つし、揮発性になるには分子がデカいので、不揮発成分として精油の中に含まれている。

ローズマリーの精油を買いに行こうかな~。
部屋でミストに乗せているのは、抑うつ用のブレンド
ローズマリーは香りがキツイので、
数滴入れて試してみるかぁ。


nice!(6)  コメント(8) 

うつ病の治療薬開発へ(?) [ニュース・トピックス]

うつ病の治療薬開発へ成果:
米テキサス大学の研究チームは、
うつ病の発症に関係しているタンパク質の遺伝子の働きが
社会的なストレスによって制御されていることを突き止めた。
うつ病の新しい治療法の開発につながる成果という。
ストレスを与えてうつ病に似た症状を引き起こした
マウスの脳内を詳細に調べた。
ストレスがなくなってからもうつ病に似た症状は
1ヶ月以上続き、その間は脳由来神経栄養因子という
脳内物質の遺伝子の働きが抑制されていることが分かった。
また、抗うつ薬のイミプラミン(トフラニール:三環系)を投与すると
この脳内物質の働きが活性化することも確かめた。(日経産業新聞)


nice!(3)  コメント(6) 

財布なくしたぁ〜(:_;)(;_;)(;_;) [ニュース・トピックス]

それではお先に〜っつって着替えて気付いた。(゚ロ゚)ギョェ
私服ではジーンズの前ポケットにいつも入れていて、
会社の入退室カードを入れている都合上、
社内ではバッグに入れていた。

その、バッグのいつもの場所に入っていなくて。

着替えの時にロッカーの上に置き忘れたり、
エントランスベンチの上に置き忘れたりしたことはあるので、
そこは何度も見た。でも、ないのだ。

鍵とか免許は財布とは別に持っているし、
車の中には緊急用壱万円札があるので今日は困らない。
んでも、
現金6万円
銀行のカード
・VISAカード
・イオンカード
・会社の出張とかで使うJRカード
・YAMADA電気のポイントカード
・リクレクソロジー回数券&会員証
中国整体回数券&診察券
ドラッグストアのポイントカード
・7-11食材サービス券
・JAF会員証
チューリッヒ保険ロードサービスカード
・今日行った内科&薬局のレシート
・テレカ(残り度数わずか)
等々、ないと困るのだ。
当面は明日10時50分の中国整体。

モノがこの様にフッとなくなり、
かたやフッと出てきたりするのは、
霊感の一種という江原氏。
う”〜む。要らぬパワーまで身につけてしまったか???

ともかく、入館できたってことは、
財布が社内にあるのは確実。
明日、今日の軌跡をトレースしたりなんかしているうちに、
とんでもない場所から誰かが見つけたりして、
などと夢想しながら帰ってきた。

そもそも実はあの財布がマイナスの源であり、
それを消してくれたとか?????

出てこなかった時に備え、
関係各所への電話番号でも調べておくかぁ(・o・)〜。


nice!(2)  コメント(7) 

【内臓脂肪】今日の記事【食欲に関与】 [ニュース・トピックス]

内蔵脂肪、食欲に関与:
東北大学の研究グループは、
内蔵脂肪に食欲を抑える神経伝達物質を分泌する機能があり、
脂肪が過剰になると分泌量が減ることを突き止めた。
内蔵肥満になると動脈硬化リスクが上がる
メタボリックシンドロームになると言われていることと符合。

この神経伝達物質は肥満などの治療薬になる可能性がある、という。
研究成果は、Cell Metabolism 3/7オンライン版に掲載。

脂肪組織は脂肪を溜め込む働きのほか、
様々なホルモンを血中に出す内分泌組織としても注目されている。
同グループは、マウスを使った実験で、
脂肪細胞と隣接する神経細胞との間で神経伝達物質が
やりとりされていることを初めて発見。
やせているときは食欲を抑えるが、
脂肪が溜まるとこの物質が出にくくなるという。(日経産業新聞)


nice!(0)  コメント(5) 

今日のニュース2題 [ニュース・トピックス]

今日、目にした興味深い記事を2つ。

(1)オスは孤独に弱い???
シカゴ大学は、オスのラットを長期間隔離した後、
さらに急激なストレスにさらすと、
免疫反応が弱まることを発見した。
孤独な男性の方が孤独な女性より
病気になったり死亡したりする確率が高いという、
従来調査を裏付ける結果。
オストとメスのラットそれぞれ15匹ずつ3ヶ月隔離した後、
細い管に閉じ込めてストレスをかけた。
次に海藻成分を注射して炎症を起こさせ、
回復の早さを他の条件のラットと比較した。
一番回復が早かったのは隔離とストレスを経験したメス。
次に隔離もストレスも経験しなかったオスとメス、
隔離はしたがストレスはかけなかったオスとメスと続き、
隔離とストレスを両方経験したオスは最も遅かった。(日経産業新聞)
→回復が一番早かった群に注目。ストレスかかったメス、強し!!!

(2)厚労省研究班、酒と自殺の関連
~下戸でも高リスク~
飲酒と自殺の関係について
男性約4万人を調査した結果、
1日3合以上飲む人や、
全く飲まない人の自殺リスクは、
月に1~3日ほど飲む人の2.3倍になることが
厚労省研究班の調べで分かった。日本では、
自殺者が毎年3万人を超え続けて社会問題化。
習慣的な大量飲酒が要因になるのは知られていたが、
全く飲まない人からの高リスク検出は初めてという。
同研究班は、岩手秋田長野茨城新潟、高知、
長崎、沖縄の8県内の計9保健所の各管内に住む
40~ 69歳の男性43,383人について、
7~10年 (平均8.5年)の追跡調査を実施。
その間、168人が自殺した。分析に際し、
全体を飲酒状況で、全く飲まない(23.8%)、
月1~3回 (9.6%)、週1回以上 (66.6%)の3群に分類。
週1回以上について、日本酒換算で1日当たり、1合未満、
2合未満、3合未満、3合以上の4グループに分けた。
その結果、月1~ 3回の自殺リスクを1.0とすると、
1合未満が1.2、2合未満が1.4、
3合未満が1.3となり、
3合以上が2.3と最大になった。
一方、全く飲まない群も2.3となり、
中でも「飲んでいたがやめた」に限ると、
6.7と非常に高い数字が出た。
研究班は、飲まない人の中に、
自殺の危険性を高めるようなつらい病気を持つ人や、
うつ状態の人が多く含まれていた可能性があると分析。
ただ、酒を飲めば自殺リスクを下げられるという結論が
出たわけではなく、アルコールの害も考えると、
1日1合程度にとどめた方がいい、としている。(日刊工業新聞)
→僕は現在禁酒中。いいことと思ったら、6.7倍かヨっ!!!
 抗うつ薬、睡眠薬を減薬していけて、
 肝機能が低下しなくなったら、
 適度に飲酒を再開するぞ~!!!


nice!(3)  コメント(4) 
前の10件 | - ニュース・トピックス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。